配信代行、インターネット番組制作、ゲームPR、企画構成、技術、一括してお引き受けいたします。
Youtube FRESH! TWITCH ニコニコ動画 twitter facebook

湯毛とタラチオのラーメン発見伝同好会 放送後記

   

クッキングユゲ

今回は「湯毛のチャンネルでいこう!」企画の中から、「クッキングユゲ」の
【湯毛とタラチオのラーメン発見伝同好会】をご紹介させていただきます。

この番組は、料理が得意でラーメンが大好きな湯毛がタラチオさんと共に、試行錯誤しながら納得のいく新たなスープ、ラーメンを完成させる番組です。
『YOUDEAL 第2スタジオ』のキッチンスタジオを使用。
こちらスタジオレンタル可能となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

レンタルスタジオに関します情報はこちらをクリック!

開始早々、ラーメン発見伝について熱く語る二人

――――ヤツらはラーメンを食ってるんじゃない。情報を食ってるんだ。

漫画「ラーメン発見伝」から芹沢達也の名ゼリフを抜粋。
湯毛とタラチオさんによるセリフ解説から番組がスタートした。

途中で熱が入ってしまったのか、セリフ解説だけでは物足りなくなってしまった湯毛とタラチオさん。
登場人物についても詳しく説明させてくれ!ということで
本番前の時間を使って二人が作ったという「ラーメン発見伝相関図」を披露するが・・・


「相関・・・?」「繋がってなくないか・・・?」「????????」

出てきたのは名前と年齢が書かれているだけの「ただの図」。これには視聴者も総ツッコミ。

そんなツッコミを受けつつも「相関図(?)」を駆使して「ラーメン発見伝」について熱く語る二人。
漫画買ってみようかなぁ。といったコメントも多数見受けられ
「ラーメン発見伝」トークは成功。良いスタートとなった。

調理開始

さっそく調理にとりかかる。
番組中に1から作ってしまうと時間がかかると踏んで、事前にチャーシューを準備してきた湯毛。

放送日は2019年2月25日(月)だが
前日、前々日の土日はチャーシュー作りに注力していたというガチっぷり!
とても美味しそうです・・・!

実はチャーシューだけでなく、スープもこの日の為に準備していた!
濃い口醤油にお酒とみりんを混ぜ、昆布も追加し冷蔵庫で2日ほど寝かせたものである。

そしてついでといわんばかりに当たり前のように冷蔵庫から登場する半熟玉子・・・。

次々に出てくる下準備済み材料達。
あまりのガチっぷりに視聴者はもちろん、タラチオさんも笑ってしまった。

用意周到で隙がないかと思えばそうでなく、調理そっちのけで「ラーメン発見伝」の話に逆戻りな場面も。
果たして時間は足りるのだろうか・・・?

気を取り直してまずは製麺機を使っての麺作り。
指定されているものを機械の中に入れ、待っているだけで自動で麺が作られていく優れモノ!
視聴者と一緒に出てくる麺を観察します。

麺を作り終えたら続いてスープへ!
しかし事前に用意していた湯毛。ほとんど完成していたためスープ作りには時間もかからず。
ここはタラチオさんの「ラーメン発見伝」トークで盛り上がります!

麺とスープが完成したら、仕上げの盛り付けへ!
最後まで手を抜かない料理人湯毛。手塩にかけて育てたチャーシューと半熟玉子等々を丁寧に盛り付けていきます。

そして完成したのがこちら!
冷めないうちにタラチオさんに召し上がっていただきます!
見た目はとてもよく美味しそうですが・・・気になるお味は!?

「意外と麺ちゃんと・・・できてますね。」
味には触れず、まずはラーメンの出来や麺について冷静に語るタラチオさん。
その後も
「うん、うん!」「ちゃんとラーメンです。」
休日返上して準備した湯毛に真実を語る勇気が出ないのか、歯切れの悪いコメントが続く中
察したのか、ついに湯毛が繰り出す。

湯毛「・・・スープ、甘くはないやろ?」
タラチオさん「えーと、あの、チャーシューのあれが出てきてしまってて・・・」
湯毛「チャーシューの甘みが出ちゃった?」
タラチオさん「ちょっと甘いかもしれないです。湯毛さんも飲んでみましょう。」

そうして飲んだ湯毛。無言で足される醤油。さらに足される醤油。
理想の味の実現はなかなか難しいようです・・・。

ラーメンも完成し課題点が分かったところで雑談をして放送終了・・・のはずが
タラチオさん、湯毛の足した醤油スープを改めて飲んでみて一言

「にんにくか生姜、ありませんか?」

――――理想の味にどうすれば近づけるのか
それを知りたいタラチオさん、リクエストしていきます。

「これ(残ったスープ)、10分くらい煮てもらっていいですか?」
「すみません。俺、熱くなってきちゃいました。」

タラチオさんに火がついた瞬間です。
本来は湯毛が作って完成したラーメンをタラチオさんが食べ、二人であーでもないこーでもない、といった流れのはずが今回ばかりは違います。
タラチオさん、キッチンへ向かいます。

しかし、ここから2人で20分ほど格闘するも、納得の味が得られぬまま放送終了時間へ・・・。
画面からも悔しさが伝わってきます。

ラーメンそのものの満足度こそ高くなかったものの、次回以降の番組の方向性や得られた知識もあり
番組全体として、お二人は満足だったようです!

このような感じで、ゆるゆると番組は進行していきます。
気になった方は、是非一度ご視聴ください。

湯毛とタラチオのラーメン発見伝同好会(part1/2) 【無料】視聴はこちらをクリック
湯毛とタラチオのラーメン発見伝同好会(Part2/2) 【会員限定】視聴はこちらをクリック

この回を含めたアーカイブはこちらをクリック

「湯毛のチャンネルでいこう!」会員登録はこちらから

 - クッキングユゲ